RSS | ATOM | SEARCH
朝から手術です。

3月19日

 

早朝って言っても

 

朝7時

 

看護師さんの呼びかけで

 

目を覚ましました。

 

そう

 

今、私は病院のベットの中

 

昨日から入院しています。

 

昨年手術した「尿管癌」

 

検査手術。

 

膀胱から腎臓まで内視鏡を

 

入れて再発がないか

 

調べるそうです。

 

手術前とあって朝から

 

食事も水分も禁止

 

ブログ453 006.jpg

 

白い窮屈なストッキングを

 

履かされ

 

手術着に着替え

 

看護師さんが呼びに来るの

 

を待ちます。

 

おっと

 

その前に「浣腸」です。

 

「横になってお尻出して下さい」

 

と20代の可愛い看護師さんに

 

言われるも

 

さすがに肛門をさらけ出す

 

のは恥ずかしい。

 

「自分でやりますから」

 

と浣腸プレイは拒否。

 

トイレで一人浣腸

 

肛門締めて、出来るだけ我慢

 

そして一気に排出。

 

ハア

 

ちょいと腹が痛い

 

浣腸液いっきに入れ過ぎたあ

 

握力強過ぎ

 

反省

 

次回は優しく注入しよう。

 

ベットに戻り

 

TVでニュースを見ていると

 

看護師さんが呼びに来て

 

3年目の可愛い看護師さんと

 

二人、徒歩で手術室へ。

 

手術室のBGMは

 

「DA PUMP」「USA」

 

リクエストして手術台の上に

 

仰向けに寝る。

 

点滴の針を打たれ

 

口に酸素マスクを当てられ

 

気づいた時は病室のベット

 

の上。

 

記憶のないまま

 

内視鏡を使った検査手術は

 

終わってしまった。

 

目の前には手術担当の

 

M先生と看護師さん

 

先生の口から

 

「何の問題もありません

でした。

再発もなく新たな腫瘍も

ありませんでした。

これなら明日退院しても

大丈夫です。

但し、今日は一日ベット

からは出ないで下さい」

 

と嬉しい説明。

 

良かったあ〜

 

卒業出来る

 

今日一日の我慢だあ

 

指には心電図のコード

 

手首には点滴の管

 

オチンOンにはオシッコ用

 

の管がつながれて

 

動きたくても動けない

 

そして

 

腹減ったあ

 

夕方まで食事も水もNG

 

水分は生理用食塩水の点滴

 

で補充。

 

TVを見たり

 

窓から高速道路を走り行く

 

車を眺めながら

 

ボーと過ごす。

 

夕方4時

 

担当の若い看護師さんが

 

オチンOンにつながって

 

いる管を外しに来てくれた

 

がこれも恥ずかしい。

 

オチンOンを摘ままれ

 

管を抜かれるのだ

 

この歳になっても

 

超恥ずかしい。

 

昨年は3回経験しているが

 

これがけっこう痛い。

 

管を抜く瞬間だけだが

 

おーッ

 

と声が出てしまうほど

 

普段は経験出来ない痛さ

 

でSMプレイに近い。

(経験はないが・・・)

 

さすがに自分で外す訳にも

 

いかず

 

看護師さんの手に委ねるの

 

だが明るい病室で

 

20代の看護師さんから

 

受けるSMプレイは刺激が

 

強い。

 

ウッーーーー!

 

痛い!

 

思わずタオルで股間を覆って

 

しまった。

 

ベットの横に尿瓶が用意

 

されトイレ付のベットと

 

なった。

 

後は朝まで点滴と心電図の

 

コードを我慢すればいい。

 

明日は晴れて「退院」です。

 

2泊3日の検査入院

 

検査は生命保険が効かない

 

んだよなあ

 

病室も保険外の特別室だし

 

明日の請求が怖い

 

まあいいっか

 

晴れて卒業で、1年は病院

 

に来なくて済む。

 

人間やっぱ

 

健康が一番でんな。

 

ではでは 👋

 

 

週末のテニス情報は下記HPまで

http://fsp-tennis.co.jp

 

 

 

「今日の空」

 

ブログ453 003.jpg

 

朝です。

 

病院から眺める朝陽に

 

これから手術室に入ります。

 

 

 

「今日の昼ごはん」

 

今日は術後の為、昼食は

無しです。

author:テニスのオジ様, category:テニス, 23:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://fsp-tennis.jugem.jp/trackback/2035