RSS | ATOM | SEARCH
オジ様流 快適海外旅行のすすめ
 先日、「タイ旅行」から返って来たばかりだと言うのに、また「旅に出たい虫」がうずき始めている。
今度、休暇があれば「ベトナム」に行ってみたい。
我輩の数多い趣味の一つが「海外旅行」なのである。
大抵は(仕事以外の海外)「自分へのご褒美」と勝手な理屈で実行している。
「仕事を頑張ったご褒美」
それが、海外旅行である。
我輩は「酒」もあまり飲まない。
我輩は「パチンコ」もやらない。
もちろん、「女遊び」もしない。
「飲む」「打つ」「買う」の男の甲斐性がない、つまらない人間なのだ。
「仕事」と「テニス」
そのご褒美が「海外旅行」と位置づけている。
そこで今回は
「オジ様流、快適海外旅行の勧め」
をご紹介しよう。

オジ様流「快適フライト」
我輩は、フライトチケットは大抵、旅行会社に頼んでしまう。
自分で航空会社から取るより、旅行会社に頼んでしまった方がはるかに安いチケットが手に入る。
「Y」チケットだが、エコノミークラスならどれも同じである。
そして、出来るだけ「SKYMILES」(デルタ航空のマイレージ)加盟の航空会社を選ぶ。
頻繁に海外に出かけるなら
デルタ航空の「SKYMILES」会員になっておくとお得である。
(入会は無料である)
一番、多くの航空会社と提携している「マイレージカード」である。
その上、獲得マイルポイントを友人とも共有できるので、ポイントが溜まれば二人で無料海外旅行も可能である。
旅行会社のツアーでもマイルが溜まるのが嬉しい。

空港の航空カウンターで搭乗券(ボーリングパス)をもらうときには、まず飛行機の機種を聞こう。
今は「ボーイング747」が一番多いいかも。
例えば、ボーイング747なら、座席の配置は3−4−3のシート配列になっている。
しかし、後ろ4列は、2−4−2の配列である。
我輩は大抵、「バックシート」もしくは「ツインシート」をリクエストする。
これなら、トイレに立つ出入りが楽である。
長旅なら「エクジットシート」(非常口の前の座席)を頼む。
ここなら、足を充分、伸ばして座れるから「エコノミー症候群」にならなくてすむ。
今は大抵の航空会社が予め、PC(パソコン)で出発便の座席指定が出来るようになっているから、予め指定しておく事をお薦めする。

我輩、は機内(フライト中)は大抵「寝ている」。
食事やドリンクサービスの時は起きるが、コーヒー好きの我輩としては、食後は「コーヒー」を飲みたい。
そこで、我輩は普通のコーヒーではなく「DeCafe」を頼むようにしている。
「DeCafe」(ディカフェ)とは、カフェインの入ってないコーヒーの事である。
欧米の航空会社なら大抵は用意してくれるはずだ。
(アジア便は無いかも?)
これなら、コーヒーを飲んでも、ぐっすり寝れる。
(もちろん無料である)
しかし、機内の飲み物がすべて無料とは思わない方がいい。
最近は「ビール」や「ワイン」は有料(5$)な航空会社も多いから注意しよう。

次回は旅先での「オジ様流、快適の旅」をご紹介しよう。


fsp-tennis.co.jp




author:テニスのオジ様, category:-, 18:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://fsp-tennis.jugem.jp/trackback/207