RSS | ATOM | SEARCH
オヤジのこだわり 焼き鳥
 11月30日(月曜)

寒くなって来ました。
11月も今日で終わり、今年もあと残すは1ヶ月です。
こう寒くなると、オヤジ的には体が温まるものが食べたくなります。
「鍋」「おでん」「すき焼き」
なんて、いいですね。
しかし、一人で「鍋」しても、「温まる」というよりは「虚しい」だけである。
その上、作るのが面倒臭い。
そんな時
「熱燗」に「焼き鳥」なんて最高です。
(我輩、あまりお酒は飲めませんが・・・・)
おかげで、少量でも体がポカポカしてきます。
「焼き鳥」は日本が世界に誇る、最高の「ファーストフード」です。
1串120円に職人の技がこもっています。
「肉の質」「秘伝のタレ」「焼き加減」
たかが120円の商品にこれだけ職人の技とこだわりのこもった食べ物は、そうあるものではありません。
我輩はスーパーで売っているような
冷凍の焼き鳥
機械加工された焼き鳥
は食べません。
数十円高くても、職人の技のこもった「焼き鳥」を選びます。
(ささいな贅沢です)
毎日、生の鳥肉を1本1本、手作業で串に刺し、毎回継ぎ足しながら使っている自家製の「タレ」
絶妙の火加減。
いや〜最高です
(ブログしながら、よだれが・・・・)
我輩は自宅で「焼き鳥」を食べるときには20数年、同じ店の「焼き鳥」を食べ続けています。
(居酒屋で食べるときは別ですが)
ささいな「オヤジのこだわり」です。




今は「オバちゃん」も20数年前は若かった。
1本1本「手作りの焼き鳥」
その場で焼いて「最高です」!



時々、「1本おまけね」なんて昭和の時代を感じる
世間話が嬉しい。


fsp-tennis.co.jp


author:テニスのオジ様, category:-, 18:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://fsp-tennis.jugem.jp/trackback/213