RSS | ATOM | SEARCH
最悪のゴルフ
 12月11日(金曜)

2ヶ月ぶりのゴルフである。
アイアンも新しいセットに買い替え、今年最後のゴルフ。
朝5時に起きて、6時に後輩と待ち合わせ。
しかし、外は
天気予報によると今日は一日中、雨らしい。
その上、寒い。
最高気温9℃
それでも、は行われる。
(テニス仲間のオジサンは皆、前向きである)
(きっとコースが南極でもペンギンをキャディにプレイするだろう)
朝、8時のスタート。
いきなり、ハーフ(9ホール)で67のスコア。
OBも3発!
今年、最悪のスコアである。
後半に入り、すでにウェアはビショビショ
息は白いは、手はかじかんでくる。
それでも、元気を装って、パコ〜ン
右へ左へと気持ちよく曲がっていく。
(我輩は真っ直ぐ打ちたいのだが・・・・・・)
最後の18ホールに来て、今日最高のドライバーショット
フェアウエイ、ど真ん中、グリーンまで残り100ヤード。
ピッチングを使って2オンのチャンス!
パコ〜ン
みごと、30ヤードのピッチング。
・・・・・と言っても飛んだのはボールではなくクラブの方。
(雨でグリップが滑ってボールと一緒にクラブも飛んで行った)
ボールはと言えば、見事グリーンを超えて、奥のバンカーに。
その上、グリーンエッジでパターの素振りをしていたら、自分のボールに当たってしまい、ボールは真横に。
(パターで真横に転がすなんてプロでも至難の技である)
そんな、後半もOB1発を含め、結局は前半と同じ67のスコア。
トータル134という今年最悪のスコアで終わった。
(ここ5年間でも最悪のスコアである)
いや〜
ゴルフはテニス以上にメンタルなスポーツである。
明日からゴルフ雑誌を買って勉強しよう。
テニスもゴルフも自己流では
トホホ・・・・・


fsp-tennis.co.jp
author:テニスのオジ様, category:-, 23:56
comments(0), trackbacks(1), pookmark
Comment









Trackback
url: http://fsp-tennis.jugem.jp/trackback/214
呆れるほどぶっ飛んでしまう 骨を使った直線運動上達法!! ゴルフ上達法革命とは !!
     ◇◆◇◆必見!!おすすめ情報◆◇◆◇ ┌───────────────...
無知の知, 2009/12/12 9:08 AM