RSS | ATOM | SEARCH
おやじの愚痴 その1 大学病院って・・・

7月12日

 

雨の東京です。

 

7月だと言うのに涼しい

 

寒梅雨のようです。

 

今日の私は

 

朝から大学病院に来ています。

 

先月、鼻が詰まり

 

鼻水も止まらず

 

地元の耳鼻咽喉科で診て

 

もらった所


「手術が必要」と言われ

 

大学病院教授への紹介状を頂き

 

予約が取れたのが

 

1ヶ月後の今日です。

 

「おやじの愚痴」

 

紹介状があってもすぐに予約が

取れない大学病院ってそんなに

偉いんか〜い

 

地元の病院では対応出来ない

 

病状なのに大学病院の対応は

 

「ご紹介の先生が学会でお休み」

 

「この日はご予約でいっぱい」

 

これで患者さんは

 

どうしたらいいのか?

 

私は1ヶ月我慢して診察に

 

こぎ着けたが

 

重症の患者さんはどうなる

 

知合いの大学病院の先生の

 

話では

 

町の病院でも対応出来る症状

 

の患者さんも多くて

 

超忙しいらしい。

 

どうしたもんじゃろか?

 

さて

 

ブログ516 003.jpg

 

大学病院の自動受付を済ませ

 

耳鼻咽喉科の前で待つ事

 

50分

 

やっと私の番号が呼ばれ

 

診察室へ

 

地元医院の紹介状を見ながら

 

先生の

 

「CTを撮って下さい」

 

と言う指示で顔のCTを撮る

 

為、CT室に移動。

 

ブログ516 002.jpg

 

5分程度でCT撮影は終わり

 

再び、耳鼻咽喉科の待合席で

 

自分の番号を呼ばれるのを待つ。

 

なかなか私の番号が呼ばれない

 

後から来た患者さんが

 

私を追い越して診察室に

 

入って行く。

 

さすがに、3人、4人と

 

追い越されていくと

 

イライラ感がつのる。

 

「きっとCTの映像送信が遅れて

いるのだろう」

 

と勝手に想像して

 

我慢。

 

70分待ってようやく番号が

 

呼ばれ診察室に。

 

「おやじの愚痴」

 

「大学病院はなんでこんなにも

待たされる。

診察室が5室もあるのに90分も

待たされた。

待ち時間を言ってくれれば

コーヒーなぞ飲みに行けたのに」

 

担当の先生(教授)がPCのCT画像

 

を指差しながら

 

笑顔で説明してくれる。

 

簡単に言えば

 

鼻の奥の空洞にポリープが出来て

 

いて膿が溜まり塞いでいるらしい

 

ポリープと言っても良性で

 

水膨れみたいなものだとか

 

内視鏡を使った手術でポリープと

 

膿を取れば治るらしい。

 

全身麻酔を使った手術で

 

入院は1週間とか

 

10分間の問診の結果

 

秋に入院、手術をする事になった。

 

昨年は「尿管癌」の手術で

 

おチンチンを弄られ

 

今年は「副鼻口炎」の手術で

 

顔を弄られる事に

 

男の二大勝負所「おチンチン」

 

「顔」に内視鏡が入るのだから

 

治すだけでなく

 

機能も20代に戻せないもの

 

だろうか?

 

って、それは無理か

 

ならば

 

おチンチンは大きく

 

顔は小さく

 

って、それも無理だよね。

 

またしばらくは

 

手術前検査やら診察やらで

 

大学病院に通う事になりそうだ。

 

ではでは 👋

 

週末のテニス情報は下記HPまで

http://fsp-tennis.co.jp

 

 

「今日の空」

 

ブログ516 004.jpg

 

一日雨の金曜日です。

 

そして、涼しい

 

7月だというのに長袖着てます。

 

 

 

「今日の昼ごはん」

 

三軒茶屋

 

蕎麦×美酒「たけや」さんの

 

「たけやランチ」

 

でした。

 

ブログ516 001.jpg

 

冷やし蕎麦、天ぷら、ご飯、サラダ

 

のセットです。

author:テニスのオジ様, category:テニス, 23:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://fsp-tennis.jugem.jp/trackback/2154