RSS | ATOM | SEARCH
座薬「初体験」
 4月25日(日) 晴れ

昨日の「東京オープンテニス」1回戦が雨で今日に順延。
幸い、今日は絶好のテニス日和。
しかし、我輩は一週間前から「痛み止め」の薬を飲みながらの日々。
「腹直筋損傷」の影響で右股関節に力が入らない。
「腹筋」を使わなければ何ということはないのだが、「テニス」という競技は以外と
この「腹筋」を使うものだと最近、思い知らされている。
走ったり、踏み込んだりすると痛みが来るのだ。
体が勝ってに拒否反応を示し、右足に力が入らなくなる。
・・・・・・そこで強力な「痛み止め」の力にすがることになる。
医者から「どうしても痛いときに」ともらった「薬」「座薬」である。
(そう、お尻の穴に突っ込む薬だ)
我輩の長い人生で「座薬」「初体験」である。
朝、風呂場で中腰になり後ろから「尻」に手を回しロケット型の「座薬」をそっと押し込む。
以外とすんなり入った。
(何か変な気分だ)
「座薬」が溶けるまでトイレ(大の方)は使用禁止。
(朝、出しておいて良かったあ)
そのまま、着替えて「有明」の会場へ。
何人かの知り合いの選手が「ケガの具合は・・・」声をかけてくれる。
シングルスの2回戦で我輩が「途中棄権」したことは知られているようだ。
さて肝心のダブルスだが
結果は7−9で負けてしまった。
完全に我輩がK氏の足を引っ張った試合だった。
スマッシュはアウト!
ボレーもアウト!
ストロークパスもアウト!
途中、「有り得ない〜」と叫んでしまった。
重心を下げて打てないから、全部浮いたボールになってしまう。
K氏も腰の痛みを押して頑張ってくれたのに
「本当、申し訳ない」気持ちだ。

今回は「腹筋」の大切さを思い知らされた大会で終わってしまった。
5月には「東日本オープン」「軽井沢オープン」と続く。
それまでに治ればよいが・・・・

ちなみに「ネットプレー」の貴公子と言われた「S・エドバーグ」選手は我輩と同じ
「腹直筋損傷」で引退したのだ。
「エドバーグ」選手「座薬」を使ったかは不明だが、さぞかし痛かったに違いない。
(我輩はまだ頑張る)
「テニスのオジ様、座薬の効果なく引退」では笑い話だ。

fsp-tennis.co.jp
author:テニスのオジ様, category:-, 21:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://fsp-tennis.jugem.jp/trackback/235