RSS | ATOM | SEARCH
入院3日目 衝撃の結果が・・・

5月13日

 

昨夜は、おチンチンに

 

つながれた管と尿意の

 

違和感に

 

殆ど眠れずに過ごした

 

入院2日目。

 

身動きは取れないし

 

腹は減るし

 

尿意の違和感は辛いし

 

気軽な入院生活とは

 

ほど遠い時間に耐え

 

3日目の朝を向かえました。

 

今日も外は快晴

 

半開きのカーテンから朝日が

 

差し込み

 

スポットライト状態の私に

 

看護師さんが

 

「体温と血圧計りますね」

 

とお決まりの台詞(セリフ)

 

一日が始まる。

 

さて

 

さてさて

 

今日は、昨日の

 

「検査手術」の結果から

 

書かなければなるまい。

 

担当のS医師(助教授)とは

 

縁があり3年前から

 

私の体を診てもらっている。

(実は30年前S医師が小学生

時代にすでに接点が・・・)

 

それだけに

 

医者と患者というより

 

友人のような関係で治療を

 

受けている。


昨日は術後にS医師と

 

1対1で今後の治療について

 

話合った

 

と言うか

 

S医師の説明を聞いた。

 

大まかに言うと

 

「右尿管の腫瘍は再発も無く

大丈夫だが

膀胱に新たな腫瘍があって

内視鏡で摘出したが浸潤して

いる可能性もあり

結果は2週間後の病理検査

待ちで可能性は50%50%

半々だそうだ」

 

という訳で

 

今後「膀胱癌」の手術を行う

 

か、無事放免かは

 

2週間後の病理検査の

 

結果待ちとなった。

 

今度は「膀胱」

 

おいおい

 

今や「癌」は二人に一人は

 

かかる現代病

 

早期発見ならほぼ治る病気

 

だけに心配はしていないが

 

「手術」は辛い。

 

出来れば手術はしたくない

 

そして

 

今回、膀胱で見つかった

 

腫瘍の摘出で私の検査入院は

 

2日延びてしまった

 

水曜に退院する予定が

 

金曜になってしまい

 

今、私が一番心配なのは

 

我が家で留守番する

 

2匹のネコ達である。

 

反乱を起こさなければ

 

良いのだが

 

「爪とぎの乱」

 

「うんこの乱」

 

「カーテン破壊の乱」

 

と過去の乱はどれも

 

衝撃的な結果になっている

 

ネコ達の反乱

 

う〜ん

 

家に戻るのが恐ろしい。

 

こんな時期に

 

なんか暗い話題のブログに

 

なってしまって

 

申し訳ない。

 

辛い時間も乗り越える

 

のが男の子

 

今日、辛くても明日は必ず

 

やって来ます。

 

明日を明るく過ごす為にも

 

今日を頑張ります。

(早くこの点滴終わらない

かな〜本音)

 

 

なんか、手も顔もむくんで

 

来たのはどうして?

 

動かないから?

 

 

はでは 👋

 

週末のテニス情報は下記HPまで

http://fsp-tennis.co.jp

 

 

「今日の空」

 

IMG_9802.JPG

 

今日も快晴

 

東京は今年最高気温とか

 

入院中もコロナの影響で

 

面会禁止

 

寂しい入院生活です。

 

 

 

「今日の昼ごはん」

 

 

「入院食」です。

 

メニューによると

 

米 飯 180g

清 汁

豚生姜焼き

ミニサラダ

ヤクルト

 

育ち盛りのオジサンには

 

もの足りないっす。

 

後で点滴外してもらって

 

1階のセブンにプリン買いに

 

行こう。

author:テニスのオジ様, category:テニス, 17:58
comments(0), -, pookmark
Comment